4年半前に中国で初の人体冷凍保存手術が行われ、国内外の多くのメディアが注目した。人体冷凍保存された末期がん患者の妻の復活を夫は心から願っていたようだが、最近になって夫に新しい恋人ができて再婚を考えているという話が浮上した。『捜狐』『NewsBeezer』などが伝えている。

2017年5月14日、低温医学界において世界的に著名な医師であるアーロン・ドレーク氏(Aaron Drake)が同月8日に中国・山東省の肺がん患者で当時49歳だったヂャン・ウェンレンさん(展文蓮)に人体冷凍保存手術を行ったと発表した。

中国では2015年に膵臓がん患者の女性の頭部が米国「アルコー延命財団」によって冷凍保存された事例があるが、ヂャンさんの人体冷凍保存においては国内で行われたとあって同国で初の人体冷凍保存となるようだ。

当時の報道によるとヂャンさんは2015年5月、47歳の時に末期の肺がんと診断され、2017年2月にはホスピスでその生涯を閉じようとしていた。ところが同年3月のある日のこと、ヂャンさんの夫グイ・ジュンミンさん(桂軍民)が、病院の棚で「人体冷凍保存施設」について紹介している本をふと目にしたという。

グイさんは調べたのち人体冷凍保存の技術を持つ山東銀豊生命科学研究院に連絡し、ヂャンさん合意のもとで彼女の体を献体として人体冷凍保存することにした。当時のグイさんは「可能であれば将来自分も冷凍してもらい妻と一緒に復活させて欲しい」と語っていたそうだ。