インドの小さな村で人間の顔をしたヤギが誕生 「神からの警告」「凶兆」と村人

インド北東部の小さな村で、人間の顔をしたメスのヤギが誕生した。ヤギは脚が2本しかない奇形で、誕生後すぐに息を引き取ってしまったという。『The Mirror』などが伝えている。

印アッサム州ギャンガプールという小さな村で最近、人間のようなヤギが誕生した。飼い主のシャンカール・ダスさん(Shankar Das、46)によると、母ヤギは2匹の赤ちゃんを産み、1匹は正常だったという。

奇形のヤギは人間のような鼻と口を持ち、脚は2本しかなかった。目は眼球がなく、耳は奇形、尻尾がない体には毛が1本も生えておらずツルツルとしている。

シャンカールさんは「こんなヤギを見たのは初めてだよ」と明かし、「自宅には奇形のヤギを一目見ようと多くの人が集まってきた。みな驚いていたね。ただ生まれた時は生きていたけど、その後死んでしまったよ」と続けた。

インドではたびたび奇形の牛などが誕生し「神が起こした奇跡」と崇拝することも多い。ただシャンカールさんの地元では、奇形の動物は飼い主にとっては“悪運”、または“凶兆”を意味すると考えられているという。

シャンカールさんの隣人であるラケシュ・クマールさん(Rakesh Kumar)は、「インドの多くの地域では、奇形で誕生した動物は“警告”と信じられているんだ。神様からのお告げだよ」と述べており、シャンカールさんは奇形のヤギを埋葬したそうだ。

地元の獣医ファイアーズ・アーメドさん(Fayyaz Ahmed)は「奇形で生まれたヤギは周囲の環境に影響を受けやすく非常に弱い」と長く生きられないケースがほとんどであることを明かし、奇形の原因についてこう推測した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク