牛がVR映像でストレス解消 生成される牛乳の量や質も向上し効果抜群(トルコ)<動画あり>

冬の寒さで気分が落ち込みがちになるのは、人間だけの問題ではない。トルコの牛舎で飼育されている牛たちも寒さの影響を受けており、ストレスにより生成される牛乳の量は減少するという。その対応策として農家が草原のバーチャル映像を見せると、牛のストレスが軽減されて牛乳の量や質も向上したそうだ。牛がVRゴーグルを装着する不思議な光景を『Daily Sabah』などが伝えている。

トルコのアクサライにて2018年から乳牛を飼育しているイゼット・コチャックさん(Izzet Kocak)は、牛乳の生産量を増やそうと試行錯誤を繰り返している。そんなイゼットさんはある日、ロシアのモスクワで行われた牛のストレス軽減の実験を目にした。

その実験内容は牛にVRゴーグルをつけ、広い草原にいるかのような光景を見せるというものだ。VRゴーグルは装着して好きな映像を映し出すことにより、まるでその場にいるかのような臨場感を味わえる。

イゼットさんは通常であれば牛たちを放牧させているが、冬の時期は寒さから守るために牛舎に入れているという。すると牛たちは寒さや狭さからストレスを抱えるようになり、牛乳の生産量が落ちてしまうそうだ。

どうにか生産量を維持するためクラシック音楽を聞かせたりして牛のストレス軽減を試みていたイゼットさんは、モスクワの実験を自身の牛たちにも実行してみることにした。飼育する180頭の牛のうち、2頭にVRゴーグルをセットして広い草原のバーチャル映像を見せた。

10日間のテストを終えると、1日の牛乳生産量が22リットルから27リットルへ増加していたことが判明し、さらに量だけではなく牛乳の質も向上していたという。これはクラシック音楽を聞かせていた時とは比較にならないほどだといい、イゼットさんはその結果に驚愕した。

「牧草地を見せることで感情を高めることができ、ストレスが減るのです」と話すイゼットさんは、あまりに効果があったことからこのVRゴーグルを追加で10セット購入することにしたそうだ。


なおイゼットさんが参考にしたモスクワの実験では、モスクワの農家が開発者、獣医、コンサルタントと協力し、夏の草原の映像を牛に見せたと報じられている。牛は黄色や青色などの色合いしか認識することができないため、ITのスペシャリストも参加して牛の視覚に合うように色の調整が行われた。

ロシアの農業省は牛にバーチャル映像を見せることは効果的であると認めており、2019年には「環境条件は牛の健康状態に非常に大きな影響を与え、生産される牛乳の量や質にも効果がみられる」とコメントを公表している。



画像は『Daily Sabah 2022年1月6日付「Turkish farmer tries virtual reality for more cow’s milk」(AA PHOTO)』『ANADOLU AJANSI 2022年1月6日付Twitter「İşletmemizdeki ineklerden günlük ortalama 22 litre süt alıyoruz.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク