ラランド・サーヤ、増える“容姿への悪口”に「持病の関係で今はどうにもできない」

芸人としてはもちろん、会社員、個人事務所の社長、さらにはアーティスト活動と多岐にわたって活躍しているお笑いコンビ・ラランドのサーヤ。高いファッションセンスや上智大学卒業というインテリな一面、時に毒舌とも評されるハッキリとした物言いにはファンも多いが、一方でアンチから一方的に中傷を受けることもしばしばだという。8日に投稿されたツイッターでは、最近容姿に関するものが増えていることを明かしている。

2019年の『M-1グランプリ』で準決勝進出を果たし、一気に注目を集めたラランド。その後様々なバラエティ番組に出演したが、サーヤが会社員との“二足の草鞋”であることに「素人が出てくるな」などと心無い言葉を浴びせられることもあったという。さらに出演した番組での発言や態度が「上から目線」と批判されたこともあり、新たなファンを獲得する一方で批判の声も強くなっていったようだ。

最近ではその“批判”がもはや悪口になっているようで、8日に投稿されたツイッターでは「最近見た目に関する悪口をたくさん書かれるんだけど、持病の関係で今はどうにもできないから、テレタビーズの悪役だと思っていただけると幸いです」とツイートした。テレタビーズとはイギリスの子供向け番組で、そのタイトルは登場キャラクターの特徴であるお腹のテレビ“television”とずんぐりした体型を表す“tubby”の合成語である。具体的な内容は明かしていないが、SNS上では彼女の体型を指摘する声があがっており、なかには悪意のあるコメントも散見されることから、そのことを指摘したのではないかと推測できる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク