オーストラリアの沖合で、クジラの子どもの尾びれに網が絡まっているのをツアーを行っていたスタッフが発見した。そこに現れたのはクジラですら捕食対象とするシャチの群れで、スタッフは「このクジラの子はだめかもしれない」と胸を痛めていた。ところがシャチらはクジラの子の周囲を泳ぎ、まるで尾びれに絡まった網を外そうとするかのような行動を見せたのだ。最終的に網は外れ、シャチはクジラを襲わずに去っていったという。『Northern Beaches Review』などが伝えている。

驚きの光景が撮影されたのは今月10日、西オーストラリア州南部ブレマー・ベイ沖で当時ホエールウォッチングのツアーを行う会社「Whale Watch Western Australia」が船を出してツアーを行っていた。

この船に同乗していたスタッフのゲマ・シャープさん(Gemma Sharp)は、クジラの姿を探していた時に何かを追いかけるシャチを発見した。しばらく観察を続けると、シャチは子どものザトウクジラを追いかけていることが判明した。

通常この時期のザトウクジラは南極付近に生息しており、同エリアで見かけるのは珍しいという。そんなザトウクジラの姿にゲマさんは「クジラシラミが付着しており痩せていたことから、体調の悪いザトウクジラの可能性があることが分かりました。ザトウクジラが尾びれを上げた時に、緑色の網が絡まっているのが見えて胸が痛みましたね」と当時を振り返った。