眠っていた赤ちゃんに迫る8本脚の影 母親は「今すぐ家を燃やしたい!」(米)<動画あり>

すやすやと眠る赤ちゃんの頭上に設置されたベビーモニターが、赤ちゃんに迫る恐ろしい物体の姿を捉えた。その映像には、真下にいる赤ちゃんに向かってスーッと糸を伝って降りていく巨大なクモが映っていた。翌朝に赤ちゃんを確認するとクモに噛まれた痕はなく無事だったといい、母親はこのクモを発見して駆除したという。『New York Post』などが伝えている。

米イリノイ州カンカキー郡ブラッドリー在住のエミリー・スチュワートさん(Emily Stewart)は今月4日、自身のTikTokアカウントにて別室で眠っていた娘のカイラちゃん(Kyla)の様子を捉えたベビーモニターの映像を公開した。

ベビーモニターはカイラちゃんの頭上に設置されており、カメラの真下ではベビーベッドでぐっすりと眠る姿が映っていた。この日は静かな夜だったが、突然カメラの前に大きなクモが現れ画面は一瞬真っ白になってしまった。

このクモは8本の脚を動かしながら画面の左端へ移動し、そこで立ち止まった。ベビーベッドの上には、まるでホラー映画のワンシーンのようにクモの巨大な影が映っていた。クモは一息ついているのかと思われたが、糸を垂らしていたようでカイラちゃんの頭に向かって急降下を始めた。

カメラに近い位置にいるから大きく見えるのかと思いきや、カイラちゃんの頭に向かって急降下するクモの姿を確認することができ、その大きさを想像するとゾッとしてしまう。その後に投稿された映像にはクモが同じ糸を辿って上ってくる様子も映っており、恐ろしいBGMが気味の悪さを助長している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク