市川海老蔵、親子3人で植樹も“ぼたん桜、勸玄桜”命名に「ちょっと待って」「なんで?」

歌舞伎俳優・市川海老蔵(44)が23日、娘の市川ぼたん(10)、息子の堀越勸玄(8)とともに、伊藤園「わたしの街の未来の桜」プロジェクトの記念植樹に出席した。親子3人で仲睦まじくも真剣な植樹の様子が見られたが、海老蔵は心の中で引っかかったことがあったという。

東京都内の桜の名所である「大本山 増上寺」にて、子どもたちと植樹を行った市川海老蔵。「私と娘・ぼたん、せがれ・勸玄をお招きいただきまして、本当にありがとうございます」とお礼を述べた海老蔵は、柄に紅白のリボンが巻かれた金色のスコップを手に真剣な表情で力強く桜の木の根本に土を盛っていく。ぼたんと勸玄もスコップを手に一生懸命だったが、植樹が終わると笑顔を見せた。


この植樹で、伊藤園が2019年から行っている全国47都道府県各地の桜の植樹・保全を行う「わたしの街の未来の桜」プロジェクトの植樹の数が1000本に到達。海老蔵は「本日1000本目を植えるという大役を任されて光栄でございます。一粒万倍日ということもございまして、1000本目の桜でありますが、それがさらに万倍となって、一千万本の桜が植樹できるような活動になっていったら、世の中がより明るくなっていくのではないかと思います」と願いを込めた。


増上寺の執事長から「せっかくですから、ぼたん桜、勸玄桜と名付けていいと思っております」と提案があり、歌舞伎座も近くよく増上寺を散策するという海老蔵は「まさかここに娘のぼたん桜、せがれの勸玄桜、というような名前で桜を植えられる日が来るとは夢にも思っておりませんでした。本当に幸せでございます」と嬉しそうだった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク