ロシアのシベリア北東部にある無人島には、使われなくなってから30年が経ち廃墟と化した気象観測所がある。人が住んでおらず無法地帯となったこの地域に、多くのシロクマが訪れて遊び場と化しているようだ。写真家の男性がこの様子を捉えた写真は、ナショナルジオグラフィックが主催する写真コンテストで入賞したことを『Russia Beyond』などが伝えている。

話題の写真を撮影したのは、ロシアで写真家として活躍するドミトリー・コッホさん(Dmitry Kokh)だ。ドミトリーさんは昨年9月、露シベリア北東部と米アラスカ州北西部の間にあるチュクチ海をセーリングヨットで進んでいた。

シロクマの撮影するために向かったのだが、それはドミトリーさんにとって生涯の目標でもあった。そのため当初はシロクマの生息地として世界的に有名なウランゲリ島を目指していた。

しかしその年は同地域で冷夏を記録していたためか期待していたほどシロクマの姿は見られず、様々なシロクマを撮影しようと意気込んでいたドミトリーさんにとって残念な結果になってしまった。しかし同じチュクチ海に浮かぶコリュチン島の近くを通り過ぎようとした時、何かの気配に気付いたという。

ドミトリーさんは「廃墟と化した建物の窓に何かが動いているのを見たんです。近づいてみるとそれはシロクマだったんですよ!」と驚いた当時の心境を明かした。

コリュチン島にあった廃墟は1934年に建設された気象観測所で、1992年に役目を終えてそのまま放置されていた。1年のうち9か月は島の周りの海が氷に覆われているコリュチン島には人が住んでいないが、考古学者によると1500年前には人が住んでいたことが立証されている。