歌手のセレーナ・ゴメスが、インタビューでこれまでで最悪と感じたメイクについて明かした。それは2018年のMETガラでのこと、肌の色が「完全にオレンジ色」になってしまい恥ずかしかったという。

人気歌手のセレーナ・ゴメス(29)が今月2日、『Glamour UK』のインタビューで過去に一番恥ずかしかったメイクについて聞かれ、2018年に出席したMETガラであると告白した。

METガラは米ニューヨークのメトロポリタン美術館で毎年開催されるファッションの祭典だが、出席するセレブ達のコスチュームにも注目が集まる。2021年にはキム・カーダシアンが素肌を一切見せない全身黒のアンサンブルで現れ、話題となった。

そんなMETガラで2018年、人気ブランド「COACH」の白いドレス姿で出席したセレーナだが、その時のメイクが今までで一番恥ずかしかったとしてこのように明かした。

「数年前METガラのために準備をしていた時、日焼けローションを少しつけたらとても綺麗だったの。でも時間が経つにつれて、どんどん肌が黒くなっていってしまって。」

「席に着いて自分の写真を見たら、肌の色がオレンジ色になっていた。とても素晴らしいイベントに参加しているのに、私が『ここから逃げ出したい!』って一番最初に思ったわ。」

実際にSNSでも、当時のセレーナのメイクに疑問の声が多数あがっていた。

「セレーナの肌黒くない? どうしたの?」
「全然可愛く見えない。メイク間違えてる」
「普段のセレーナの方が全然きれい」


この年のMETガラで、セレーナはCOACHのドレス姿のまま走って逃げている姿を警備員に撮影してもらい、後日Instagramに「METの時の自分の写真を見た時の私」とその動画を投稿していた。

また今回のインタビューで、セレーナは「常に綺麗でいなくてはいけない」と思い、それがプレッシャーになっていたことも打ち明けている。

「幼い頃から芸能の仕事していると大きなプレッシャーがある。たくさんの人が私の格好を見ているし、それを評価してコメントしているって思うと安らげなかった。」

「世間の非現実的な美しさの基準に合わせることをやめたら私の考えは変わったわ。時間はかかったけど私はただ自分でいたいだけなんだと気づいたの。それが私を唯一無二の存在にしてくれるし、美しくもしてくれる。」



画像1、3枚目は『Selena Gomez 2021年12月27日付Instagram「My @RareBeauty Warm Wishes Effortless Bronzer Stick and Always an Optimist Soft Radiance Setting Powder are finally here!」』『Coach 2018年5月8日付Instagram「Captured before the #MetGala, #SelenaGomez in custom Coach by @StuartVevers.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Tina)