30年前に体外受精で授かった娘と父の血縁関係認められず 担当医らを提訴(米)

約30年前に体外受精で女児を授かった夫妻に衝撃的な事実が判明した。2年前に受けたDNA検査の結果、父と娘の間に親子関係が認められなかったという。夫妻の体外受精を行った際、同じ病院で不妊治療を受けていた別の男性の精子が使われた可能性が高く、一家は今月になって医療過誤および契約違反などの被害を受けたとして当時の担当医や病院の運営会社を訴えた。『Good Morning America』『New York Post』などが伝えている。

米オハイオ州在住のジョン・マイク・ハーベイさん(John Mike Harvey、以下マイクさん)と妻のジェニンさん(Jeanine)は1991年、体外受精により娘のジェシカさん(Jessica)を授かった。

しかし今から2年前にジェシカさんが家庭用のDNAキットで遺伝子検査したところ、マイクさんとの親子関係が認められなかったという。

事実が発覚した経緯について、ジェニンさんはこのように語っている。

「きっかけは2020年にヨーロッパ旅行を予定していたジェシカにDNA検査キットをプレゼントしたことでした。マイクはイタリア人の血を引いているので、これから訪れる国にいる遠い親戚と繋がることができたら素敵だなと思って。でも検査の結果、私たちが想像もしていなかった事実が明らかになりました。ジェシカはイタリアではなくアイルランド、イギリス、ドイツ、ウェールズ、フランスの人種の血を引いていることが分かったんです。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク