ピン芸日本一を決める「R-1グランプリ2022」の準決勝が13日に開催された。31名が決勝出場を目指してしのぎを削ったが、同日に決勝進出者が生配信で発表され、決勝に駒を進めた芸人7名が明らかになった。

20代目王者の称号と優勝賞金500万円を目指し、今年も熱い戦いを繰り広げる「R-1グランプリ2022」。参加資格は芸歴10年以内で、今回は昨年を上回る3199名がエントリー。昨年末から行われた予選を勝ち抜いた7名が発表された。


決勝進出者は発表順にkento fukaya、サツマカワRPG、金の国・渡部おにぎり、ZAZY、吉住、お見送り芸人しんいち、寺田寛明。芸歴10年以内の出場ルールがあるため、今年がラストイヤーのkento fukaya、ZAZY、お見送り芸人しんいちは決勝進出に胸を撫で下ろした。ZAZYは「ラストイヤー組には負けたくない」と意気込んだ。


そのZAZYは「とりあえず決勝でミスをしない。頑張りたいと思います」と昨年は残念ながらクリップの外し忘れなどのフリップのミスがあったため、ミスには細心の注意を払っているようだ。そのミスも響いたのか2位になり優勝を逃したZAZYだが、この日は「30万円あげるから手を抜いてくれ」と依頼していたことが吉住から暴露された。歌手の松任谷由実と交流があり、ライブでも紹介されたことのあるZAZYだが、「ユーミンさんには『優勝したよ』って言いたい」と述べて「松任谷正隆さんに決勝行ったらしいよ」とユーミンに伝えてほしいという。