2019年7月から行方不明となっていたアメリカ在住の女児が、このほど祖父宅の地下から発見された。警察によると親権を失った両親が女児を誘拐し2年以上隠していたそうだ。かねてからそこに子供がいるという情報が寄せられていたが信憑性が低く捜索令状を取ることができなかった警察は、ついに有力な情報を得て家宅捜査した結果、階段下の狭いスペースから少女と母親を発見した。『NBC News』『New York Post』などが伝えている。

米ニューヨーク州ソーガティーズの民家で2月14日、2年前から行方不明だったペイズリー・シュルティスちゃん(Paislee Shultis、6)が発見された。

警察の調べによると、2019年7月に親権を失った両親が同州ケイユーガ・ハイツで暮らしていたペイズリーちゃんを誘拐したのち、祖父にあたるカーク・シュルティス・シニア(Kirk Shultis Sr.、57)の家に隠していたことが明らかになった。

ペイズリーちゃんが両親と一緒にいるという情報はこれまでも寄せられていたがどれも信憑性が低く、事件解決には至らなかった。そして今月14日、有力な情報を得た警察が家宅捜索に踏み切ったところ、家の中にいるペイズリーちゃんを発見したという。

ソーガティーズ警察のジョセフ・A・シナグラ署長(Joseph A. Sinagra)は、メディアに対し発見時の状況をこう明かした。

「貴重な情報を提供してくれた人がいたおかげで2月14日の月曜日に、階段下にある狭い空間からペイズリーちゃんを発見することができました。それは捜索令状を取るために必要な情報で、この2年半の捜査に欠けていたパズルの1ピースがついに埋まった瞬間でもありました。あの捜索令状がなければペイズリーちゃんを見つけることはできなかったでしょう。」