ニコール・キッドマン(54)が米誌の表紙に登場し、露出度の高い衣装で美ボディを披露した。しかし彼女が着ていたのがスクールガール風だったため、SNSでは「最悪の表紙」「どうしてこんな格好をさせるんだ」と批判コメントが殺到してしまった。

ニコール・キッドマンが、米誌『Vanity Fair』の2022年ハリウッド特集号の表紙を飾った。毎年恒例の同誌ハリウッド特集号はハリウッドで境界線を越えて活躍したスター達を表彰するもので、今年はニコールの他にイドリス・エルバペネロペ・クルスクリステン・スチュワートベネディクト・カンバーバッチらが登場している。


ニコールがモデルとなった表紙は、手入れが行き届いた芝生の上にある黄色い門の間でポーズを取っている写真だ。

ニコールは「ミュウミュウ(MIU MIU)」の2022年春コレクションで話題を呼んだ、露出度の高いスクールガール風の衣装を着用。ベルトが付いたローライズのミニスカートと胸元が大きく開いたプリーツ入りのブラトップで、引き締まった美ボディを披露している。

足にはグレーのハイソックスとポインテッドトゥのローファーを合わせており、その姿はブリトニー・スピアーズがデビュー曲『ベイビー・ワン・モア・タイム』のMVで着用した衣装を思い起させるようだ。

同誌の公式Instagramがこの写真を公開すると、フォロワーからは「ニコールになぜこのような格好をさせたのか」と批判の声が殺到した。

「彼女はオスカーにノミネートされるほどの実力派女優よ。なんで女子高生みたいな格好をするわけ? クールじゃないわ。」
「ニコールは素晴らしいのに、このスタイリングは酷い。彼女がこれに同意したなんて驚きだ。」
「まったく意味が分からない。この写真のコンセプトの裏側を知ってみたいよ。」
「50歳を過ぎた女性が『Vanity Fair』の表紙を飾るのに、なぜ10代のフェティッシュのようになる必要があるの?」
「最悪の表紙。女優じゃなくてね。」
「まったくもって、不気味な表紙だ。」
「フォトショップをやり過ぎてるよ。」

ニコールのスタイリングを非難する声が溢れる中、SNSでは「彼女は年をとらないね」「高級ワインのように年齢を重ねている」「『ミュウミュウ』の衣装を着た彼女は、パワフル過ぎる!」とニコールの美しさを称賛するコメントも多数寄せられた。



画像は『Nicole Kidman 2022年2月16日付Instagram「Thank you @LATimes」』『Vanity Fair 2022年2月17日付Instagram「Welcome to the House of Hollywood, class of 2022.」「Presenting our 28th annual Hollywood Issue, starring Academy Award nominee @NicoleKidman.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)