第94回アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞した俳優ウィル・スミス(53)が、妻と3人の子供達を伴って授賞式のアフターパーティに出席した。ウィルはオスカーのトロフィーを片手に持ち、自身の歌に合わせて踊るなど楽しい時間を過ごしたようだ。当日の授賞式のステージでは、妻を侮辱したクリス・ロック(57)を平手打ちし、受賞スピーチで謝罪したばかりだった。

現地時間27日、米ハリウッドのドルビー・シアターで開催したアカデミー賞授賞式で、ウィル・スミスが妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミス(50)の容姿をジョークにしたプレゼンターのクリス・ロック平手打ちをするというハプニングが起こった

その後ウィルは映画『ドリームプラン(原題:King Richard)』の主演男優賞を受賞し、スピーチでは「アカデミー賞とノミネートされた仲間達に謝罪する」と述べていた。

授賞式後にはファッション誌『Vanity Fair』が主催するアフターパーティが開催され、レッドカーペットにはウィルとジェイダ、娘のウィロウ(21)と息子のジェイデン(23)、ウィルと前妻の息子トレイ(29)も一緒に写真撮影を行った。ウィルは家族に支えられながら「美しい夜だった。すべては愛だ」と取材陣の前で語った。


そんなウィルは家族を連れてアフターパーティに行き、ハリウッドセレブに囲まれながらダンスを披露するなど楽しい時間を過ごしたそうだ。

英メディア『Daily Mail Online』によると、平手打ちを受けたクリスもパーティに出席する予定だったが、ウィルが少なくとも20人ほどの取り巻きを連れていたため急遽予定を変更したという。のちに米メディア『Page Six』は、クリスが親友でタレントマネージャーのガイ・オゼアリーが主催するパーティに出席したと報じている。