ウィル・スミスが第94回アカデミー賞授賞式の壇上でクリス・ロックを平手打ちしたことを受け、今後10年間アカデミー賞に関するすべてのイベントへの出席が禁じられた。アカデミー賞を主催する米映画芸術科学アカデミーの理事会の決定に対し、ウィルは声明で「尊重し、受け入れます」と述べている。

ウィル・スミスは現地時間3月27日に米ロサンゼルスで開催したアカデミー賞受賞式のステージで、妻ジェイダ・ピンケット=スミスのショートヘアをジョークにしたプレゼンターのクリス・ロックを平手打ちした

その後ウィルは、ステージで騒動を起こしたことやクリスに対する正式な謝罪文を発表。4月1日にはアカデミー会員から辞任した

この事態を受け現地時間8日に米映画芸術科学アカデミーが理事会を開き、ウィルの処分について「2022年4月8日からの10年間、スミス氏がアカデミーのイベントやプログラムに出席することを許可しない」と決定したことを発表した。

対象となるのはオスカー授賞式を含むアカデミーのすべてのイベントで、ウィル本人が直接またはバーチャルで出席することを禁じるというものだ。

文書では平手打ちを受けたクリスに対し「尋常ではない状況でありながら、冷静さを保ったロック氏に深く感謝します」と述べた後、司会者やノミネート者、プレゼンターや受賞者などが放送中に優雅で落ち着いた態度であったことにも感謝の意を表した。

同日、ウィルは声明文を発表し「アカデミーの決定を尊重し、受け入れます」と伝えた。