アカデミー賞授賞式の壇上でウィル・スミス(57)から平手打ちされたクリス・ロック(53)だが、このほどクリスの母親ローズさん(77)が騒動を振り返った。ローズさんは自宅で式典を見ていたが、その瞬間には自分と家族全員が叩かれたと感じたという。

クリス・ロックの母親ローズ・ロックさんは、作家や講演者、若者や家族の提唱者として活動している。現地時間23日には米サウスカロライナ州の放送局『WIS-TV』のインタビューに応じ、先月27日にロサンゼルスで開催した第94回アカデミー賞授賞式の壇上で、息子のクリスがウィル・スミスから平手打ちされたことを振り返った。

式典のプレゼンターを務めたクリスは、観客席にいたウィルの妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミスのヘアスタイルをジョークにしていた。ジェイダは脱毛症で髪を短くしているため、激怒したウィルがクリスに平手打ちし、客席に戻った後もFワードを交えて罵倒したのである

ローズさんは「奥さんが軽蔑的な目をしたから反応して、彼女のために行動を起こした。だって騒動が起こった時、彼女は笑い転げていたじゃないですか」と語った。

そして「あの瞬間、私達全員が叩かれたのです。私は本当に叩かれました」と、家族全員が平手打ちされたと感じたことを明かした。

自宅からテレビで式典を見ていたローズさんは騒動が起こった時、多くの視聴者と同様に演出だと思ったそうだ。

しかしウィルが放送禁止用語を連発したため、ヤラセではないことに気付いたという。ローズさんはウィルがこのような騒動を起こしたため、クリスが楽しみにしていたスピーチが台無しになったと残念がった。