骨折や火傷も平気、痛みを感じない9歳男児 母親が「痛みは大切」と切ない訴え(英)

骨折しても火傷しても全く痛みを感じないとしたら…それは「まるで夢のよう」と思う人もいるかもしれない。だが痛みは「あなたの体には特別なケアが必要」と教えてくれるシグナルであり、生きていくには非常に大切なものである。このほど痛みを感じない稀な疾患「先天性無痛症(CIP)」を患う男児の母が、病気や痛みの大切さ、悩みなどについて『The Mirror』に語った。

英ノーフォーク州ワイモンダム在住のスティーブさん(Steve、53)とドナ・スキットモアさん(Donna Skitmore、46)夫妻の息子ザック君(Zach、9)は、非常に稀な難病「先天性無痛症(CIP)」を患っている。CIPは文字通り痛みを感じない遺伝性の病気で、ザック君は両親2人から変異遺伝子を受け継いだことで発症した。

ザック君がCIPと診断を受けたのは6歳の時で、夫妻は「私たちの4人の子供のうち、CIPを患うのはザックだけ。診断されて初めて、自分たちが変異遺伝子の保因者だと知ったの」とかなりの衝撃を受けたことを明かし、このように続けた。

「医師からはアメリカでは約60例が報告されていること、CIPを発症する割合は100万人に1人いるかいないかという稀な病気であるとの説明を受けたけど、リサーチするまでCIPについては全く知識がなかったの。でも私が最初におかしいと思ったのは、あの子が生後9か月の時だったわ。」

「ザックは赤ちゃんの時、注射を受けても泣かなくて。看護師に『こんな赤ちゃんは初めて見た』と言われたのよ。」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク