米コメディアンのクリス・ロック(57)が、俳優ウィル・スミス(53)とのビンタ騒動に関するジョークを初めて口にした。英国ツアーの初日、ロンドンのステージに現れたクリスは「聴力はほとんど戻ったよ」と待ち受けた観客に向かって伝えた。

クリス・ロックは、現地時間12日から15日までステンダップコメディ『Ego Death』の英国ツアーを開催している。

英国ツアー初日、ロンドンのロイヤル・アルバートホールに立ったクリスは、今年2月に開催した第94回アカデミー賞授賞式で起きたビンタ騒動に初言及した。

クリスは同授賞式でプレゼンターを務めた際、ウィル・スミスの妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミスのショートヘアをジョークにした

しかしジェイダは脱毛症で髪を短くしていたため、激怒したウィルがステージに上がり、クリスに平手打ちしたのである。

その後クリスは騒動に関するコメントを出しておらず、彼の言動が大きな注目を浴びていた。騒動後にツアーを開始すると、完売したチケットの転売価格が跳ね上がるほど人々の期待が膨らんでいた。

英紙『The Times』によると、ロンドンのショーではおよそ5000人の観客が待ち受ける中、ステージに現れたクリスが冒頭でこのようなジョークを放ったという。

「僕は大丈夫だよ。もしも、知りたい人がいるならね。聴力はほとんど戻ったから。」

そのように伝えた後、「人々は、僕がくだらないことについて話すのを期待している。今のところ、話すつもりはないよ」と詳細について触れることはなかった。