両側の口角が裂けたような稀な「両側巨口症」の娘を持つ母が、「病気を知って!」と始めたTikTokの人気が急上昇中だ。動画の中には再生回数が4800万回を超えるものもあり、女児や家族にはたくさんの応援メッセージが届いているという。『New York Post』などが伝えている。

豪南オーストラリア州に住むブレイズ・ミュシャさん(Blaize Mucha、20)とクリスティーナ・ヴェルシャーさん(Cristina Vercher、21)夫妻の間に昨年12月、長女アイラ・サマー・ミュシャちゃん(Ayla Summer Mucha)が誕生した。

初めての子とあって夫妻は赤ちゃんの誕生を心待ちにしていたが、クリスティーナさんは娘を一目見て我が目を疑ったという。

実はアイラちゃんは「両側巨口症」という非常に稀な病気で、両側の口角が外に裂けたように大きな口を持っていた。クリスティーナさんは「誕生前の超音波検査では異常は見つからず、酷くショックを受けました。私もブレイズも病気については全く知らず、同じ症状を持った子を見たこともなかったのです」と当時のことを振り返り、このように続けた。

「アイラの口の奇形はフリンダース・メディカル・センター(Flinders Medical Centre)にとっても初めてのケースで、医師らは帝王切開で取り出した娘を見て非常に驚いていたようでした。小さな体の娘でしたから口が異様に大きいのは一目瞭然で、医師らも病気についての知識はほとんどなく、私たち夫婦が病名を知らされたのは数時間後のことでした。」