米女優ブルック・シールズ(56)が、長女ローワンさん(19)とレッドカーペットに登場した。子役時代には“絶世の美女”と呼ばれたブルックと娘のツーショットに、ファンからは「素晴らしい母娘」「2人とも美しい!」と絶賛のコメントが寄せられた。

映画『青い珊瑚礁』『エンドレス・ラブ』などで知られるブルック・シールズは、2001年に脚本家で映画プロデューサーのクリス・ヘンチーと結婚した。2人の間には長女ローワンさんと次女グリアさん(16)がいる。

ブルックは現地時間19日に自身のInstagramを更新し、米マンハッタンで17日に開催した米紙『The Hollywood Reporter』の「Most Powerful People in Media Party(メディアで最もパワフルな人達のパーティ)」のレッドカーペットに、ローワンさんと登場した姿を披露した。

ブルックはニューヨークのブランド「ライアンロッシュ(Ryan Roche)」によるアイボリーのパンツスーツを着用しており、ローワンさんはネオングリーンのスーツ姿で母ブルックと頬を寄せ合って微笑んでいる。

投稿には「ああ、なんて夜!」と言葉が添えられた。そんな母娘のツーショットに、フォロワーからは次のような声が続出した。

「素晴らしい母と娘だわ。2人を愛してる!」
「2人とも美しい。思い出を作っているのね。」
「素敵な写真。ゴージャスで、とてもキュートよ。2人が並ぶ姿はとても綺麗ね。」