デミ・ムーア(59)が、13歳年下の恋人とのツーショットを初公開した。2人は今年3月にロマンスが浮上したものの、プライベートを保ったままだった。
今回の写真により、デミが2人の交際を認めた形となった。

デミ・ムーアが現地時間14日、自身のInstagramで恋人と寄り添うツーショットを公開した。お相手はスイス人シェフでレストランのオーナー、ダニエル・ハム氏(Daniel Humm、46)だ。

デミが披露したのは、2人がパリを訪れた時の写真だ。階段に座るデミの額にダニエル氏がキスをしたり、2人が愛犬“ピラフ”と一緒に庭園に立つ姿などを捉えている。

投稿には「王と女王の宮殿を訪問してる。
スワイプして女王を見て」との言葉に、犬と王冠の絵文字が記された。

デミは続いて15日にもダニエル氏とのツーショットを公開している。今月初めにパリで開催したテニスの全仏オープンを観戦した時のものだ。

サングラス姿のデミは黒いコートを着て、膝の上には愛犬“ピラフ”を座らせている。隣にはブルーの帽子を被ったダニエル氏が座り、2人はカメラに向かって大きく微笑んでいる。

デミによるとピラフはこの日、14度目の優勝を飾ったラファエル・ナダル選手の応援に駆けつけたと綴っている。


「ピラフ(別名:小さなネズミ)の次の冒険は、2022年の全仏オープン決勝でラファエル・ナダルを応援することよ。この子は、ナダルが全仏オープン14度目のタイトルで、自身の記録を更新するのを見逃したくなかったのよ!」

デミとダニエル氏は今年3月にデートする場面が目撃され、交際説が浮上した。

米メディア『People』は当時、3月初めに開催した「パリ・ファッションウィーク」での「クロエ」の2022-23年秋冬コレクションで、最前列に座るデミとダニエル氏の姿をキャッチしていた。

その後2人は交際していることを公にしておらず、今回デミが初めてダニエル氏とのロマンスを認めたことになる。


ダニエル氏はニューヨークのマンハッタンにあるレストラン「イレブン・マディソン・パーク(Eleven Madison Park)」の経営者兼ヘッドシェフを務めるほか、ニューヨークとロサンゼルスにあるデザイナーホテル「ノマド(NoMad)」やロンドンの名門ホテル「クラリッジス(Claridge’s)」内にもレストランをオープンしている。また料理本も数冊出版しているセレブシェフだ。



デミは1987年から2000年までブルース・ウィリス(67)と結婚し、3人の娘をもうけている。2005年から2013年までは、俳優アシュトン・カッチャー(44)と結婚していた。

画像は『Demi Moore 2022年3月15日付Instagram「Soft glam with @gregoryrussellhair and @jostrettell」、2022年6月14日付Instagram「Visiting the palace of kings and queens…」、2022年6月15日付Instagram「Next in the adventures of Pilaf (aka Little Mouse): cheering on @rafaelnadal」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)