トム・ハンクス、妻を押し倒しそうになったファンを叱責 SNSでは「ウィル・スミスよ、これが妻を守る方法だ」
拡大する(全1枚)
愛妻家で知られるトム・ハンクス
俳優トム・ハンクス(65)が妻で女優のリタ・ウィルソン(65)と外出中、集まったファンの態度に激怒した。トムはファンにもまれて転びそうになったリタを庇い、Fワードを交えてファンを厳しく叱責した。

トム・ハンクスリタ・ウィルソン夫妻がニューヨークのレストランを出た際の様子がSNSに流出し、大きな話題となった。

現地時間15日に撮影された動画は、トムとリタが待機している車に向かって歩いている場面だ。夫妻の周囲には数人のファンがカメラやスマートフォンを持って集まってきたため、警備員が人混みをかき分けて夫妻を先導している。

その時、数人のファンが夫妻の前に割り込んで写真を撮っていたため、リタがつまずいて転びそうになったのだ。リタは一瞬ふらついたものの体勢を持ち直し、後ろを振り返って「ストップ!」と制止した。

すると隣を歩いていたトムが群衆の方を向き、両手をあげて「僕の妻だ」と叫んだ。トムは激怒し、Fワードを交えながら「下がってろ! 妻を押し倒すつもりか?」と叱りつけたのである。

トムがあまりにも深刻な表情で怒り出したため、ファンの中からは「トム、ごめんなさい」と謝る声が聞こえた。その後夫妻は待機していた車に乗り込み、その場を立ち去っていった。

この動画を見た人々は、SNSで「いいぞ。トムは正しいことをした!」「激怒して良かったのよ。交流する時は相手との距離を尊重しなくちゃ」「暴力を使わずにリタを守るなんて、ヒーローだわ!」などと称賛した。

さらに妻を庇うトムの姿を、ウィル・スミスの“ビンタ騒動”と比較する声も多数あがっている。

「あそこにいたファンはラッキーだった。ウィル・スミスの奥さんじゃなかったからね。」
「ウィル・スミスよ、これが妻を守る方法だ。殴ったり騒ぎを起こす必要はない。ストレートにポイントを押さえ、そこから離れて終わりにする。トム・ハンクスからヒントを得るんだ。」
「彼はファンにビンタすることもなかった。良くやったわ、トム。」

トムとリタは1981年にシットコム『Bosom Buddies』の撮影現場で出会ったが、当時トムは大学時代の恋人で女優のサマンサ・ルーズと結婚していた。その後トムはサマンサと離婚し、1988年にリタと結婚。チェスターとトルーマンの2人息子をもうけている。

トムはここ数週間前からバズ・ラーマン監督の最新映画『エルヴィス』のプロモーションのため、プレスツアーを行っている。今月初めには、オーストラリアのブリスベンで開催した試写会に主演のオースティン・バトラーと共に出席した。



画像2枚目は『Tom Hanks 2020年3月13日付Instagram「Hello folks.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)