海外では築50年や100年といった中古住宅が売買され、家主が自分たちでリフォームすることも多い。カナダのある家に住む家族も今年3月、築80年以上になる家の浴室をリフォームした。しかし鏡の裏から“骸骨”が現れたことで恐怖を覚えるも、一緒にあったメモを見て苦笑することになったという。『Newsweek』『Indy100』などが伝えている。

カナダのマニトバ州ウィニペグに住むケリー・アリソンさん(Kaleigh Allison)が先月17日、TikTokに動画を投稿したところ注目を集めた。ケリーさんの家は1941年に建てられたそうで、築81年になる。動画は今年3月に浴室をリフォームした際に撮影したもので、ケリーさんの父親が浴室の鏡があった壁を剥がそうとする様子が捉えられている。ところが剥がした壁の中からは、デニムのシャツとジーンズを身につけた“骸骨”が現れたのだ。

ケリーさんは動画に「ここに住んで6年になるけど、この骸骨はずっと浴室の鏡の裏から私を見ていたのよ」と言葉を添えており、さぞかし恐ろしい思いをしたようだ。だが“骸骨”は、よく見ると本物の人骨ではなくプラスチック製のレプリカだった。そしてシャツのポケットにはメモが入っており、このように綴られていた。

「バアーーッ! ははっ! 怖がらせちゃったかな? ジェイソン・レイン(Jason Lane)より 2013年」


骸骨のレプリカは以前、この家に住んでいたジェイソン・レインという人物が9年前の2013年に浴室の鏡の裏に隠して置いたもののようだ。メモを見たケリーさんの母親はこの陽気ないたずらに少し呆れたようで「ワーオ…」と声を発している。ケリーさんが投稿した動画はこれまでに490万回以上の再生回数を記録し、次のようなコメントが寄せられた。