エジプト東部、紅海に面する人気リゾート地のビーチで今月1日、68歳の女性がサメに襲われた。襲撃は家族を含む多くの観光客の目の前で発生し、現場は一時騒然となった。事故の詳細を『The Sun』などが伝えている。

紅海沿岸に位置するビーチリゾート「サールハシーシュ(Sahl Hasheesh)」で1日、エリザベス・ザウアーさん(Elisabeth Sauer、68)がサメに襲われ死亡した。

エリザベスさんはオーストリア出身で、休暇を利用しエジプト人のパートナーと一緒に1か月ほどエジプトに滞在、今月3日に帰国予定だった。

事故が発生したのは砂浜から近い浅瀬で、エリザベスさんは「最後にもうひと泳ぎしてくるわ」とパートナーに告げ、足にフィンを付けてスノーケリングをしていたという。

事故の様子を捉えた動画では、海水が真っ赤に染まる中でエリザベスさんが襲われてもがく姿が映っており、襲撃に気付いた人々は海から一斉に上がっていったそうだ。またエリザベスさんが泳いでいたのは桟橋から近く、観光客の1人が浮き輪を投げ入れたものの、エリザベスさんがいる場所まで届かなかったようだ。

エリザベスさんは腕1本と脚1本を噛みちぎられ、岸で蘇生が行われたものの意識は戻らず、搬送先のハルガダの病院で死亡が確認された。ショックで心臓発作を起こしたとみられている。


なおエリザベスさんを襲ったのは、サメの中でも最も泳ぐスピードが速いと言われるアオザメだったもよう。このサメは大きな個体で体長4メートルにもなるという。