5日早朝に配信された、お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介と蛙亭のイワクラの熱愛を伝えるネットニュース。ツイッターのトレンド入りするほど大きな話題になっているが、当の伊藤は体調を崩してそれどころではないようだ。

写真週刊誌『FLASH』によると6月の猛暑日の夜、伊藤俊介イワクラはお散歩デートを楽しんでいたという。2人は2020年7月から、ピン芸人の森本サイダー、ママタルトの大鶴肥満ら4人で共同生活をスタートさせている。その様子はたびたびテレビ番組でも紹介され、『M-1グランプリ 2021』の決勝で敗れて自宅に戻った伊藤を3人は明るく、楽しく、そして優しく迎え入れていた。同じ芸人仲間だからこそ、伊藤が言葉に出さなくとも彼の悔しさ、悲しみは伝わったのだろう。皆で大鶴お手製のピザを頬張りながら、ワイワイガヤガヤ賑やかな時間が流れていた。だが2020年1月にイワクラは引っ越して、一人暮らしを始めた。新居は今まで住んでいたマンションから徒歩5分の距離なので、イワクラは相変わらず伊藤らと夕食を共にしていると各自のSNSで報告していたものだ。

そんな中で突然の熱愛報道に、伊藤のツイッターに注目が集まった。だが彼は、5日午前9時40分過ぎに「連日お休みしてしまい申し訳ありません!」「気失うくらい熱出たのですが2回検査してどちらも陰性でしたのでご安心ください!」と高熱が出て体調を崩していると報告したのだ。毎週水曜深夜放送のラジオ番組『ほら!ここがオズワルドさんち!』(