4人組男性ムード歌謡コーラスグループ「純烈」の酒井一圭小田井涼平後上翔太が28日、都内で開催された「インスメッド 肺NTM症啓発メディアイベント」に出席した。18日にメンバー全員が新型コロナウイルスに感染したことを発表した純烈はこのイベントが復帰初仕事となったが、白川裕二郎はまだ咳が残るため欠席した。


8月1日の肺の日に先駆けて「コロナだけではない、知っておきたいもう一つの感染症」として、認知率が1割程度だという肺非結核性抗酸菌症(肺NTM症)を広く知ってもらうためのイベントに登場した純烈。肺NTM症に関して知識を深めた純烈メンバーだが、新型コロナから復帰後の初仕事とあって、メンバーそれぞれ療養中を振り返った。


小田井涼平はメンバーで1人だけ宿泊療養という形をとったが、妻でタレントのLiLiCoを思ってのことだったという。療養を終えた小田井は「そこに従事しているスタッフの皆さんのご苦労を間近で見て、本当にお世話になった気持ちでいっぱいです」と感謝した。


また症状は「メンバー4者4様だった」という後上翔太は「一瞬熱は出たんですけど、食欲は落ちることなく3食自宅でしっかりと栄養を摂りながら運動もせずに過ごしたら、体重が数キロ増えました」と告白。今朝量ったところ2.5キロ増えていたそうだ。



逆に酒井一圭は「全然食欲がなくなった」とのこと。報道陣から「痩せたような気がしますけど…」と言われ、「よく気付いてくれた! その通りなんですよ」と前のめりになって嬉々として話し出した酒井。「97キロから93キロへ4キロのダイエットに成功」と明かすと、後上から「おめでとうございます」と頭を下げられた。ちなみに酒井の身長は186センチだ。

酒井は「白川裕二郎に関しては電話で話しても咳き込んでいるところがあって、人それぞれ体力の回復に至るにはそれなりに時間がかかる。完全な100%の純烈になるにはあと1週間ぐらいいただいた方がいいかな。
お客さんに応援していただきながら、少しずつ100%の純烈に辿り着ければ」と期待を込めた。


肺NTM症は、非結核性抗酸菌(NTM)という細菌が肺に感染することにより発症する感染症。日本においては現在、肺結核をしのぐ罹患者数になり、主な症状としては咳、痰、血痰、倦怠感、体重減少などが挙げられる。


イベントで3人は「肺句」として川柳を詠むことに。酒井は「謳歌世代! 純烈と元気に 肺チーズ!!」と謳歌世代(60代以上)を盛り込んだ句を、後上は「青空に 我が肺 負けず 曇りなく」と“我が肺”と“我輩”をかけた一句を発表した。そして小田井は「泣かぬよう とにかく 見せよう 肺の中」と頭の文字をアルファベットにすると“NTM”となる工夫を凝らした句で沸かせた。



後上が「僕たちのファンの世代の皆様というと、僕たち以上に自身の健康に興味のある方が多い」と話したが、酒井は「土とか水周り、いろんな場所に細菌が潜んでいるんだなと初めて分かりました。中高年の痩せ型の女性に多いということですから、認知につながればと思います」、小田井も「今回イベントを通して病気の存在を知ったということが、まずひとつの予防じゃないかと思います」と肺NTM症の知識を得てもらおうと呼びかけた。
(TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)