インドネシアのスマトラ島中央部ジャンビ州で今月23日、2日前から行方不明になっていた54歳の女性が、ニシキヘビに丸飲みにされて死亡しているのが発見された。女性はゴム農園に出かけたまま帰宅せず、家族は捜索願を出していた。
『The Sun』などが伝えている。

スマトラ島ジャンビ州で今月23日、体長約6.7メートル(22フィート)のニシキヘビの腹部から、テルジュン・ガジャ村(Terjun Gajah village)に住むジャハラーさん(Jahrah、54)が遺体で発見された。

ジャハラーさんは21日、ゴムの樹液の採取に出かけたまま夜になっても帰宅せず、夫が農園に捜しにいったところ、妻のサンダル、ジャケット、ハンカチ、ナイフを発見した。しかし肝心のジャハラーさんの姿を見つけることはできず、家族や村人、当局による大掛かりな捜索が開始された。

そして23日、捜索隊は森の中に腹部が大きく膨らんだ体長約6.7メートルのニシキヘビを発見、長い木の枝で体を突き刺して捕獲すると、その場で腹部を切り裂いた。

当時の様子はカメラが捉えており、ナイフで切り開かれたヘビの消化器系の中には、紺色の服を着たままの遺体が横たわっているのが映し出された。


テルジュン・ガジャ村の村長アントーさん(Anto)は「ニシキヘビはジャハラーさんに噛みついて巻き付き、締め付けて窒息させて頭部から飲み込んだのだろう」と話しており、体全部を飲み込むのに少なくとも2時間を要したのではないかと推測している。


アントーさんによると、ジャハラーさんがヘビに襲われたのを目撃した人はいないとのことだが、同地域では体長約8.2メートル(27フィート)のヘビの目撃情報や家畜のヤギ2頭がヘビに襲われたという報告があり、村人は「森には巨大なニシキヘビが多数いるのではないか」と恐怖に怯えているという。

ちなみにインドネシアでは2018年にも、庭仕事をしていた54歳の女性がヘビに丸飲みにされ死亡していた。ヘビの体長は8メートルを超えていたという。



画像は『The Sun 2022年10月25日付「GRIM FIND Granny vanishes after popping out into woods for a walk… what cops found was truly horrifying」(Credit: ViralPress)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)