キャサリン皇太子妃(42)が、チャールズ国王(75)の公式誕生日祝賀祭「トゥルーピング・ザ・カラー」に出席し、公務に復帰した。およそ半年ぶりに公の場に姿を現した皇太子妃は、モノトーンの装いだった。がんの治療中である皇太子妃が家族と並んだ姿に、王室ファンからは「戻って来てくれて感激!」「強さと美しさが輝いている」といったコメントで溢れ返った。

ケンジントン宮殿の公式SNSは現地時間14日午後6時に声明文を発表し、翌日に行われるチャールズ国王の公式誕生日祝賀祭「トゥルーピング・ザ・カラー」に、キャサリン皇太子妃が出席することを伝えた。

15日午前には、皇太子妃が夫のウィリアム皇太子(41)と3人の子ども達、ジョージ王子(10)シャーロット王女(9)ルイ王子(6)とともにバッキンガム宮殿に到着し、式典のパレードに参加した。

キャサリン皇太子妃が公の場に姿を現すのは、昨年12月に英ノーフォーク州のサンドリンガムでクリスマス礼拝に参加して以来のことだ

皇太子妃は今年1月、腹部手術を受けて入院したことを発表。3月にはがんの治療を開始したことを公表し、回復するまで王室公務は休んでいる。

現在も化学療法で治療中の皇太子妃が、およそ半年ぶりに王室行事に出席した。

皇太子妃はこの日、お気に入りブランド「ジェニー・パッカム」の白いドレスを纏っていた。ドレスは長袖のラウンドネックで、ミディ丈のエレガントなデザインだ。ウエストには黒いベルトが、黒いネックラインには大きなストライプ柄のリボンが付いている。ドレスの左胸には、皇太子妃が大佐を務める「アイリッシュガーズ」の連隊ブローチが輝いていた。


皇太子妃はロングヘアを後ろでまとめてパールのフラワーモチーフのイヤリングを着け、「フィリップ・トレイシー」によるつばの広い帽子を被っていた。片手には「マルベリー」の黒いクラッチバッグを持ち、「ジミー チュウ」の白いハイヒールを合わせていた。


パレードが終了後、バッキンガム宮殿のバルコニーでは、キャサリン皇太子妃がウィリアム皇太子、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子との家族5人で登場し、集まった群衆に手を振った


皇太子妃が久しぶりに公の場で家族と並ぶ姿に、SNSではこのような声が続出した。

「キャサリンの姿を見ることができて、本当に嬉しい。とてもエレガントだわ。」
「皇太子妃と家族が並ぶ姿が拝見できるなんて、とても喜ばしいこと。彼女の強さと美しさが輝いている。」
「あなたが戻って来てくれたことに、感激しています。その気品とエレガンスが恋しかった!」



画像は『The Royal Family Instagram「Trooping the Colour is an occasion which reinforces the links between the Armed Forces and the Royal Family.」』『The Prince and Princess of Wales Instagram「All set for The King’s Birthday Parade!」「A memorable day at The King’s Birthday Parade.」』より
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)