米テキサス州で先月30日、21歳の男が叔父を射殺して逮捕された。男は2羽のニワトリの所有権を巡って叔父と口論になり、最終的に叔父に向かって発砲したという。
叔父はその場で死亡が確認され、男は第一級殺人容疑で逮捕されたという。米ニュースメディア『New York Post』などが伝えた。

米テキサス州ヒダルゴ郡保安官事務所によると、事件は先月30日に同郡ミッション市の民家で発生した。逮捕されたアーロン・セルバンテス(Aaron Cervantes、21)はこの日、家族とともに叔父フェルナンド・マドリードさん(Fernando Madrid、54)の自宅である同民家を訪れた。

アーロンとフェルナンドさんは、2羽のニワトリ(雄鶏)を巡って争っていたそうで、アーロンはニワトリの所有権は自分にあると主張し、連れ去ろうとしていた。この行動に激怒したフェルナンドさんはアーロンに詰め寄り、激しい口論に発展した。
言い争いは次第にヒートアップし、頭に血が上ったアーロンは持っていた拳銃を取り出し、フェルナンドさんに向けて発砲した。

通報を受けた保安官代理らが午前3時53分に現場へ駆けつけると、家の外にアーロンと1人の男性、そしてバスルームで銃創を受けたフェルナンドさんを発見した。家族の話によると、フェルナンドさんは室内で撃たれたと言い、救急隊も駆けつけたが、その場で死亡が確認された。

フェルナンドさんに向かって発砲したアーロンは、第一級殺人容疑で逮捕され、ヒダルゴ郡刑務所に収監された。またアーロンとともにフェルナンドさんの自宅を訪れた男性は、銃撃に関与していなかったとして、釈放された。


テキサス州では殺人罪で有罪判決を受けた場合、検察官は死刑、または無期懲役を求めることができるそうで、アーロンの裁判には注目が集まっている。


フェルナンドさんの義理の娘リネット・ガルザアさん(Lynette Garzaa)は、フェルナンドさんの葬儀費用をカバーするため、クラウドファンディングサイト「GoFundMe」に専用ページを設けて寄付を募った。フェルナンドさんの葬儀が行われた今月3日までに、340ドル(約5万3000円)以上が集まったという。

テキサス州では違法であるにもかかわらず、雄鶏に鋭い爪などを装着させて戦わせる闘鶏が農村部で横行しているが、今回の事件が闘鶏に関連しているかどうかは明らかになっておらず、現在捜査が進められている。

このニュースを見た人々からは、「ニワトリのためだけに叔父を殺害するなんて、悲しすぎる」「やっぱり闘鶏が関係しているのかな」「こんなことクレイジーだよ」などといった声があがっている。

ちなみに今年4月にはブラジルで、母親を殺害して片手を切断した21歳の息子が、「銀行から金を引き出したかった」と供述し、世間にショックを与えていた。

画像は『New York Post 「Texas man shoots his own uncle dead in fight over two pet roosters: cops」(gofundme)(Hidalgo County Jail)、「Target employee sentenced to 100 years for slaughtering co-worker over stolen lunch」(Fairfax County Police Department)』『G1 「O que se sabe sobre filho que matou mãe após ritual e decepou mão da vítima para retirar dinheiro em agência bancária na BA」(Foto: Arquivo Pessoal)』『Orijo Reporter 「Woman kills landlord by dragging his manhood」』より
(TechinsightJapan編集部 iruy)