大学進学や就職などで実家を出る時、これまで一緒に暮らしてきたペットと離れ離れになり寂しい気持ちになる人もいることだろう。TikTokユーザーのある女性も同じだったようで、女性は溺愛していた愛猫と離れて大学生活をスタートした。
そんな中、実家に備え付けていたペットカメラに映る愛猫の姿に、胸が締めつけられる思いがしたという。動物専門サイト『The Dodo』などが伝えている。

TikTokアカウント名「alyssa」さん(以下、アリッサさん)が4月3日、彼女の愛猫“ウィニー(Winnie)”の動画を投稿したところ、これまでに1080万回以上の再生回数を記録した。動画は今月15日に、アメリカに拠点を置く動物専門サイト『The Dodo』が紹介したことで、さらに注目を集めたようだ。

アリッサさんは現在、両親のもとを離れて大学生活を送っており、ウィニーとは離れて暮らしているそうだ。しかし新生活を始めたばかりの頃、母親から送られてきた動画を見て、アリッサさんは胸が締めつけられる思いに駆られた。
そこには、ペットカメラに向かって拝むように両前足を何度も伸ばしているウィニーの姿があった。

普段からアリッサさんは、ペットカメラを介してウィニーに話しかけていたこともあり、ウィニーはカメラを通じてアリッサさんとコミュニケーションが取れることを理解しているとのことだ。ウィニーはカメラに向かって、まるでアリッサさんに「早く帰ってきて」と訴えているようだった。


この動画が撮影された時、アリッサさんが実家を離れてから1日しか経っていなかったが、ウィニーはすでに彼女が恋しくてたまらなかったようだ。そんなウィニーの姿に、ユーザーからはこのような声が寄せられている。

「この猫ちゃんも一緒に大学に行かせてちょうだい!」
「今すぐ、荷物をまとめて実家に戻った方がいいよ。」
「これじゃあ、実家からオンラインで大学に通うことになるだろうね。」
「だから私は大学の寮に猫を密かに連れ込むことにしたんだ。
だって愛する猫を置いていくなんて考えられないから。」


多くの人が、離れ離れに暮らすアリッサさんとウィニーに胸を痛めたようだ。しかしアリッサさんは、今月20日に実家に帰る予定とのことで、ウィニーはその日たっぷりとアリッサさんに甘えることができるはずだ。



画像は『alyssa TikTok「everytime i’ve caught winnie begging」「Replying to @alyssa excuse the mess」「crying actually」』『Pawl Instagram「Pawl has been practicing his meows to make us feel as bad possible when we leave him.」』『nickyrosetattoo TikTok「I have been at the hospital the last 5 days」』『Newsweek 「Camera Captures How Woman’s Six Cats React When She Falls Into Deep Sleep」(@CATSOFTIKTOK_ROMINA6CATS/TIKTOK)』より
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)