40度近い関東甲信 滝のような雨か

       

関東甲信は最高気温が40度近い所もあり、晴れていても油断禁物。台風が運んだ湿った空気の影響で、雨雲が発達中。広い範囲で雷雲も発生か。帰宅時間も急な雨や雷雨に注意。

40度近い関東甲信 滝のような雨か


台風一過 最高気温が40度近い所も

17日は、台風一過のたっぷりの日差しで、関東甲信地方を中心に、気温がグングン上がりました。15時までの最高気温の全国トップ3をみますと…1位は、群馬県館林市で39度6分。2位は栃木県佐野市で38度3分。3位は山梨県大月市で37度9分と、上位3位は関東甲信地方です。
ちなみに、今年全国で1番暑かったのは、岐阜県多治見市で8月8日に観測された39度7分。群馬県館林市の39度6分とは、全国で今年2番目に高い気温です。


平野部でも、まだ「滝のような雨」の恐れ

この猛烈な暑さや、台風が運んできた湿った空気の影響で、すでに、関東の内陸部では、あちらこちらで雨雲が発達しています。関東甲信地方では、今夜遅くにかけて大気の状態が非常に不安定でしょう。この後、日付が替わる頃までは、関東の平野部でも、あちらこちらで雨がザーッと降りそうです。場所によっては、「1時間に50ミリの非常に激しい雨」の降る恐れがあります。低い土地の浸水や川の増水などに、注意が必要です。
【豆知識】
「1時間に50ミリの非常に激しい雨」とは…滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続く雨です。傘は全く役に立たなくなるレベルで、水しぶきであたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるほどです。こうなると、車の運転は危険ですし、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込んだり、マンホールから水が噴出したりすることもあります。
東京でも、1時間に30ミリの激しい雨の降る恐れがあります。お帰りの時間帯に、局地的に雨がザーッと降る心配もありますので、お気を付け下さい。


あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。