元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ

元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ
拡大する(全5枚)

元日~3日日本海側の雪続く積雪一気に増えることも広く真...の画像はこちら

1月1日にかけて、日本海側は雪やふぶきが続き、特に北陸付近に発達した雪雲がかかる見込みです。3日にかけて、雪が降り続く所があるでしょう。広く真冬の寒さが続きそうです。

31日山陰や近畿北部で平年の10倍を超える積雪

元日~3日日本海側の雪続く積雪一気に増えることも広く真冬の寒さ

31日、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になっており、強い寒気が流れ込んでいます。日本海で、北風と西風がぶつかり雪雲が発達し、この雪雲が、山陰や近畿北部を中心にかかりました。16時の積雪の深さは、滋賀県彦根市

では30センチで、平年は1センチなので、平年の30倍になります。島根県松江市で24センチ、鳥取県米子市で29センチなど、平年の10倍を超えました。

元日日本海側の雪やふぶき続く特に北陸付近に発達した雪雲かかる

元日~3日日本海側の雪続く積雪一気に増えることも広く真冬の寒さ

1日元日も、冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海で発達する雪雲がかかるのは、北陸が中心になります。発達した雪雲は同じ場所に長い時間かかり続けることが考えられます。北陸付近では、一気に積雪が増えるでしょう。東北や北海道では、西風が吹きつけ、ふぶく見込みです。雪雲は太平洋側にも流れ込み、特に東北では、太平洋側の平地でも本格的な雪になることがあるでしょう。
1日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、北陸地方100センチ、東北地方80センチ、近畿地方70センチ、東海地方60センチ、北海道地方50センチ、関東甲信地方、中国地方40センチ、九州北部地方20センチです。


この記事の画像

「元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ」の画像1 「元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ」の画像2 「元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ」の画像3 「元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ」の画像4
「元日~3日 日本海側の雪続く 積雪一気に増えることも 広く真冬の寒さ」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク