日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?

日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?
拡大する(全3枚)

日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は...の画像はこちら >>

3日も強い寒気の影響で、東北や北陸は更なる大雪が予想され、交通機関への影響などや、雪崩に注意が必要です。そして、次の「強烈寒気」では、また日本海側で、大雪や大荒れの天気が続く可能性があり、太平洋側も、寒さが一段と厳しくなりそうです。注意点や特徴などを、まとめました。

3日 日本海側は 積雪が更に増加 注意点は?

日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?

2日土曜も、年末年始寒波の影響で、日本海側の所々で、平年を上回る積雪となっています。2日土曜15時現在の積雪は、山形県大蔵村肘折や、青森県八甲田山系の酸ケ湯では、250センチ以上でした。また、標高の高い所だけでなく、新潟市や山形市など市街地でも、平年を上回る積雪になっています。
この寒気の影響は、3日日曜も続くでしょう。北海道や東北日本海側は、雪が降りやすく、ふぶいて見通しが悪くなる所もありそうです。北陸は雪が続いて、新潟県では平地でも強い雪が降るでしょう。
3日日曜午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、新潟県の山沿いで60センチ、新潟県の平地と、東北日本海側の山沿いで40センチ、富山県の山間部、石川県の山地、福井県の山地、東北日本海側の平地で30センチなどとなっています。
すでに、平年を超える積雪となっている所が多いうえに、積雪が更に増えるため、交通機関に影響が出るおそれもあり、雪崩の危険性も高まります。路面が凍結する所もありますので、歩く際は、足元だけでなく、屋根から落ちる雪にも注意が必要です。積もった雪で、道幅が狭くなる所もありますので、車の運転は、いつも以上に慎重にしてください。
一方、太平洋側は、広く晴れるため、空気がカラカラに乾くでしょう。こちらは、暖房器具など、火の取り扱いに、十分お気を付けください。


この記事の画像

「日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?」の画像1 「日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?」の画像2 「日本海側 また大雪のおそれ 次の「強烈寒気」はいつ? 特徴は?」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク