福岡で「黄砂」を観測 午後も飛来の可能性あり

福岡で「黄砂」を観測 午後も飛来の可能性あり
       

福岡で「黄砂」を観測 午後も飛来の可能性ありの画像はこちら >>

きょう16日、福岡管区気象台で黄砂を観測しました。視程は10キロメートル以上です。

福岡で黄砂を観測

きょう16日10時40分、福岡管区気象台で黄砂を観測しました。視程(水平方向の見通し)は10キロメートル以上です。
黄砂は春の使者とも呼ばれ、全国でも1月に観測されるのは珍しいことですが、今年は14日に広島で、15日には新潟で黄砂が観測されました。1月に3日間、黄砂が観測されるのは、1999年以来です。
なお、現在の黄砂の観測地点は全国で11地点(札幌、仙台、東京、新潟、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、鹿児島、那覇)となっています。

午後も日本海側を中心に飛来する所も

午後も日本海側を中心に黄砂が飛来する所がありそうです。洗濯物や車の汚れにお気をつけ下さい。

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。