1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か
拡大する(全7枚)

1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い...の画像はこちら >>

1月は、度々冬の嵐に。記録的な大雪に見舞われました。ただ、冬型の気圧配置は、長く続くことはなくなってきています。2月は、比較的短い周期で日本付近を低気圧が通り、前半を中心に度々寒気が流れ込むでしょう。

7日~11日 大雪・暴風 北陸では1日で100センチ超の降雪

1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か

7日から8日朝にかけて、日本海の低気圧が急速に発達しながら東へ進み、東北北部を通過、千島近海に進みました。日本列島に強い寒気が流れ込み、11日にかけて、冬型の気圧配置が続きました。
日本海から次々に雪雲が流れ込み、北陸を中心に記録的な大雪になりました。短い時間で、降雪が多くなったことが特徴で、新潟県上越市では、9日1時までの24時間降雪量は103センチ、富山市では、9日18時までの48時間降雪量は107センチを観測するなど、観測史上1位の値を更新しました。また、九州などでも雪になり、福岡市では9日21時にかけての48時間降雪量は、4センチを観測し、1月の1位の値を更新しました。
広く西よりの風が強まり、東北から中国地方を中心に暴風が吹きました。7日、秋田県八峰町では、最大瞬間風速42.4メートル、石川県輪島市の三井で39.6メートルを観測しました。いずれも、統計が開始された2008年または2009年からの記録で最も大きい値になりました。暴風は、日本海側に限らず、羽田空港で、最大瞬間風速24.7メートルを観測、静岡空港では23.7メートルを観測し、いずれも、2009年からの記録で、1月として最も大きい値になりました。


この記事の画像

「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像1 「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像2 「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像3 「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像4
「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像5 「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像6 「1月は記録的な大雪 冬の嵐に変化が見えてきた! 立春頃も強い寒気か」の画像7