岩手県に土砂災害警戒情報 13日(火)も局地的な大雨に警戒 ...の画像はこちら >>

13日も東北地方は上空に寒気が居座り大気の状態が非常に不安定です。正午現在、岩手県福島県内を中心に局地的に雨雲が発達し、岩手県には土砂災害警戒情報も発表中。

このあとも天気の急変にお気をつけください。

13日午後9時頃にかけて 局地的な大雨に警戒

東北地方では13日も局地的に雨雲が発達中です。上空の風が弱いため、積乱雲が沸いてしまうと狭い地域で降り続いているのが特徴です。
午前11時35分現在、下記の地域に土砂災害警戒情報が発表されています。
【岩手県】 遠野市
(正午現在、特に危険度が高くなっているのは、遠野駅の北東にある石上山周辺)
これは5段階の警戒レベルのうち、警戒レベル4に相当する情報です。土砂災害警戒区域等では命に危険が及ぶ土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況です。

崖の近くや谷の出口など土砂災害警戒区域等にお住まいの方は、市町村から発令される避難指示などを確認し、少しでも安全な場所への避難を心がけてください。
今夜9時頃にかけても、東北地方では所々に雨雲が発達し、局地的な大雨の恐れがあります。
【予想 東北】
・1時間降水量 (~14日(水) 多い所)
日本海側・太平洋側ともに 50ミリ
・24時間降水量 (~14日(水)正午 多い所)
日本海側・太平洋側ともに 100ミリ
13日(火)午後は岩手県、福島県のほか、秋田県山形県でも雨雲が急速に発達する恐れがあります。
土砂災害や川の増水や氾濫への警戒はもちろん、短時間の大雨で道路が一気に浸水する恐れがあります。雨雲レーダーをこまめに確認するようになさってください。
また、発達した積乱雲のもとでは落雷や突風の恐れもあります。
ゴロゴロと音が聞こえたり、冷たい風が吹いてきたら、頑丈な建物や車の中に逃げましょう。