台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生

台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生
拡大する(全5枚)

台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風...の画像はこちら >>

台風6号は、今後も発達しながら西よりに進んで、23日(金)頃にかけて沖縄地方に接近する見通し。台風の動きが遅く、影響が長引く恐れ。暴風や高波に警戒し、大雨による土砂災害などに注意、警戒が必要。

台風6号の情報

台風6号は、きょう19日(月)15時現在、南大東島の南、約180キロにあって、ゆっくりとした速さで西北西に進んでいます。
台風6号は、今後も発達しながら西よりに進み、あす20日(火)には「強い」勢力になると予想されています。台風6号は、このあとも西よりに進んで、23日(金)頃にかけて「強い」勢力で沖縄地方に接近する見込みです。
台風6号の影響で、きょう19日(月)は、大東島地方では風が強まっています。最大瞬間風速は、北大東空港で25.2メートル(3時56分)、南大東で25.1メートル(14時12分)の東よりの風を観測しました。
沖縄地方や奄美地方では、あす20日(火)からあさって21日(水)にかけて非常に強い風が吹くでしょう。また、海上では、うねりを伴った大しけとなる見込みです。暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。
この台風は動きが遅く、影響が長引く恐れがあります。台風への備えを早めに行い、最新の台風情報をチェックなさってください。

非常に強い風が吹き荒れる

台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生

【予想される最大風速(最大瞬間風速)】
あす20日(火)
沖縄地方、奄美地方で23メートル(35メートル)
あさって21日(水)
沖縄地方で25から29メートル(35から45メートル)
奄美地方で20から24メートル(25から35メートル)
何かにつかまっていないと立っていられないほどの非常に強い風が吹くでしょう。暴風に警戒が必要です。


この記事の画像

「台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生」の画像1 「台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生」の画像2 「台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生」の画像3 「台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生」の画像4
「台風6号 発達しながら沖縄地方へ接近 影響が長引く恐れ 台風7号も発生」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク