台風9号 四国、中国地方へ
拡大する(全2枚)

台風9号 四国、中国地方への画像はこちら >>

昨日(8日(日))20時過ぎに鹿児島県枕崎市付近に上陸した台風9号。9日(月)午前0時現在、宮崎県延岡市付近を時速50kmと速度を上げ、北東に進んでいます。このあと、台風は四国、中国地方へ進み、昼ごろには日本海へ出るでしょう。

台風 昼ごろには日本海へ

台風9号 四国、中国地方へ

9日(月)午前0時現在、九州から近畿にかけて台風の強風域に入っています。愛媛県の四国中央では、0時40分に34.5m/s、高知県室戸岬では1時17分に29.2m/sの最大瞬間風速を観測しました。また、発達した雨雲が四国や中国地方を中心に広がり、愛媛県成就社(ジョウジュシャ)では、0時3分までの1時間に65.0ミリの非常に激しい雨、高知県の池川(イケガワ)では、0時1分までの1時間に45.5ミリの激しい雨を観測しました。
このあと、台風9号は四国、中国地方へ進むでしょう。台風の中心が予報円の中心を通った場合、9日(月)の正午には日本海に出て、10日(火)の0時には、能登半島沖(石川県金沢市の北約130kmの海上)で温帯低気圧に変わる見込みです。その後、低気圧は発達しながら日本海を北上し、北日本方面へ進むでしょう。台風、または、台風から変わる低気圧や非常に暖かく湿った空気の影響で、九州から近畿(西日本)だけでなく、東海と北陸、関東甲信(東日本)、東北と北海道(北日本)でも10日(火)にかけて、局地的に、1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降り、非常に強い風や暴風が吹くでしょう。大雨による土砂災害、低い土地の浸水、川の増水や氾濫、高波などに警戒を続けてくだい。

この記事の画像

「台風9号 四国、中国地方へ」の画像1 「台風9号 四国、中国地方へ」の画像2