中国地方 16日夜から再び大雨に 新たな土砂災害や河川の氾濫...の画像はこちら >>

中国地方の雨は、きょう16日の日中は一旦小康状態となっています。しかし、今夜から再び発達した雨雲が中国地方に流れ込む見込みです。


あす17日の夕方にかけて、局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、再び大雨になるおそれがあります。これまで降った雨が400ミリを超えている所もあるなど、少しの雨でも新たに災害が起こり、被害が広がる可能性が高まっています。

16日夜から17日夕方にかけて、再び大雨のおそれ

中国地方 16日夜から再び大雨に 新たな土砂災害や河川の氾濫に警戒を

あす17日は、中国地方付近にのびる前線上を低気圧が東進する見込みです。低気圧や前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となり、前線の活動が活発となります。
あす17日の夕方にかけて、断続的に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。
(多い所で1時間に40ミリから50ミリの非常に激しい雨が断続的に降る。

)

どこで土砂災害が起きてもおかしくない状況

中国地方 16日夜から再び大雨に 新たな土砂災害や河川の氾濫に警戒を

土砂災害の前兆は、斜面のひび割れや異様な音・におい、湧き水が止まることや、濁った水が吹き出すなどがあげられます。
特に危険な場所にお住まいの方は、明るいうちに安全な場所へ避難してください。
これまでの記録的な大雨により、土砂災害の危険度が非常に高まっている所があり、少しの雨でも土砂災害が発生するおそれがあります。
西日本豪雨で被害を受けた地域はもちろん、現在比較的雨量が少ない地域でも警戒し、早めに避難する必要があります。