午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 午後も危険な暑さ
拡大する(全3枚)

午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 ...の画像はこちら >>

26日木曜は、早い時間から気温がグングン上がっています。10時までの最高気温は、群馬県高崎市で34℃を超え、東京都心や金沢市、富山市などで、すでに33℃台まで上がりました。午後は、体温並みの危険な暑さの所もありますので、万全な熱中症対策を心がけてください。

午前中から 気温34℃台も

26日木曜は、本州付近は、南から太平洋高気圧に覆われています。このため、太平洋側の広い範囲や北陸地方を中心に、たっぷりの日差しが降り注ぎ、気温がグングン上がっています。
10時までの最高気温は、群馬県高崎市で34.3℃と、34℃台まで上がりました。千葉県市原市の牛久は33.8℃、東京都心で33.7℃、神奈川県海老名市と金沢市で33.6℃、石川県小松市と富山市で33.5℃、東京都練馬区栃木県佐野市で33.4℃、富山県高岡市の伏木で33.3℃など、北陸や関東を中心に33℃台となっています。

関東から西 熱中症は一番上の「危険」レベル

午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 午後も危険な暑さ

午後は、気温がさらに上がって、危険な暑さのエリアが広がるでしょう。
最高気温は、関東から西では、35℃前後の所が多い予想です。内陸部では、36℃~37℃くらいまで上がり、体温並みの暑さとなるでしょう。最高気温が35℃以上の「猛暑日」地点や、30℃以上の「真夏日」地点は、25日水曜よりもグンと増えそうです。東京都心や大阪市など、久しぶりに猛暑日になる可能性もあるため、暑さが一段と体にこたえるでしょう。
熱中症情報を見ますと、東京から那覇にかけて、一番上の「危険」レベルです。8月も下旬ですが、まだまだ、熱中症には警戒が必要です。


この記事の画像

「午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 午後も危険な暑さ」の画像1 「午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 午後も危険な暑さ」の画像2 「午前中から速いペースで気温上昇 都心など10時前に33℃台 午後も危険な暑さ」の画像3