北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性

北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性
拡大する(全3枚)

北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性の画像はこちら >>

台風16号は、勢力を維持したまま日本付近に近づき、北陸地方でも1日(金)頃は影響を受ける可能性があります。最新の台風情報に注意して下さい。

台風の中心から離れていても油断禁物! 勢力を維持したまま北上し、強風の範囲が広い可能性

北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性

台風16号は、沖ノ鳥島付近で「猛烈な」勢力まで発達し、ゆっくりと北上しています。このあとも、台風は海面水温の高い海域を北上し、勢力を維持したまま日本付近に近づいてくる予想です。
まだ予報円が比較的大きく、台風の進路や通過するタイミングが変わる可能性がありますが、予報円の中心を通った場合、1日(金)頃には関東の南の海上から東の海上を通過するでしょう。この場合、台風のコースだけを見ると、北陸地方から離れて通るように見えますが、発達した状態で接近してくるため、強風域や暴風域が広い可能性があります。北陸地方では主に「北寄りの強風」や「高波」に注意が必要となります。
一方、台風が予報円の西側を北上した場合、北陸地方にも暴風域がかかるおそれがあります。また、台風本体の発達した雨雲が、新潟県富山県の山間部を中心にかかるおそれがあります。北陸地方では「北寄りの暴風」や「高波」のほか、「大雨」や「高潮」にも注意・警戒が必要になります。
台風のコースが西寄りの場合、令和元年台風19号「東日本台風」のコースと似ています。このときは、新潟県を中心に土砂災害や家屋の浸水、農作物の被害が発生し、信濃川では観測史上最高水位を記録しました。また、長野県では千曲川が決壊し、北陸新幹線に浸水し、首都圏との交通が長期間にわたり寸断されました。


この記事の画像

「北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性」の画像1 「北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性」の画像2 「北陸 1日(金)頃は台風16号の影響を受ける可能性」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク