南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意

南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意
拡大する(全4枚)

南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢...の画像はこちら >>

北日本はグッと秋が深まってきましたが、南の海上はまだ夏。フィリピン付近からグアムなどがあるマリアナ諸島付近には、熱帯低気圧や発達した積乱雲が多数発生しています。まだまだ台風シーズン。10月は強い勢力で上陸することが多いため、今後も動向に注意が必要です。

南の海上 積乱雲が発達

南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意

きょう6日は、北海道の旭岳で初冠雪を観測。北日本ではグッと秋が深まってきましたが、南の海上はまだ、海面水温が30℃くらいと高く、積乱雲が発達しやすい状況が続いています。6日午前9時現在、南シナ海には熱帯低気圧(台風のたまご)がありますが、今後も大陸方面へ西進するため日本に影響はない見込みです。もう一つ、グアムなどがあるマリアナ諸島付近に低圧部(周囲より気圧が低く、低気圧循環はあるが、その中心がはっきりしない熱帯擾乱)があります。この低圧部で渦が巻くと熱帯低気圧(台風のたまご)となり、さらに発達すると台風になります。グアム島近海は海面水温が30℃と高いため、今後、発達する可能性もあるため動向に注意が必要です。
今年の台風は、10月5日までに16個発生、3個が上陸しています。平年の発生数は25個くらいなので、あと10個くらい発生してもおかしくない状況です。10月も台風シーズンが続くため、まだまだ油断は禁物です。

10月は強い勢力で上陸することが多い

南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意

過去20年(2001年~2020年)、台風の上陸数は63個。内35個が強い勢力以上で(最大風速33メートル以上)上陸していて、10月は全て強い勢力となっています。


この記事の画像

「南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意」の画像1 「南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意」の画像2 「南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意」の画像3 「南の海上 積乱雲が発達中 まだ台風シーズン 10月の台風は勢力が強い 動向に注意」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク