28日の明け方まで大雪に警戒 そのあと寒気撤退も 年越し寒波がまた襲来か
拡大する(全3枚)

28日の明け方まで大雪に警戒 そのあと寒気撤退も 年越し寒波...の画像はこちら >>

広範囲での大のピークは過ぎましたが、北海道から近畿にかけての日本海側を中心に、引き続き28日(火)の明け方にかけて、大雪による交通障害に警戒が必要です。その後、寒気はいったん北上しますが、年越し寒波が襲来しそうです。

広範囲の大雪のピーク越えるも28日の明け方まで警戒

きょう27日(月)は強い寒気の影響で、日本海側を中心に広く大雪となりました。強い寒気に加えて、「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)※」に伴う発達した雪雲がかかり、近畿北部や山陰を中心に記録的な大雪となりました。(※「日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)」とは、シベリア大陸から流れ込んだ冷たい風が、朝鮮半島北部に位置する長白山脈によって、いったん二分されたのち、風下である日本海で再び合流することによってできる収束帯(雪雲が発達しやすいライン)のことです。)
24時間降雪量は兵庫県朝来市和田山では71センチ、滋賀県彦根市は68センチ、鳥取県智頭町では66センチと統計開始以来1位となりました。(和田山と智頭町の統計開始年は1981年、彦根市は2001年)車の立ち往生が発生したり、東海道新幹線で遅延が発生したりするなど、交通機関に影響がでました。
17時現在、広範囲での大雪のピークは過ぎましたが、北海道から近畿にかけての日本海側を中心とした地域では、引き続き28日(火)の明け方にかけて、大雪となる所があるでしょう。
28日(火)18時までの24時間に予想される降雪量は多い所で、
北陸地方:70センチ
東北地方、関東甲信地方:60センチ
東海地方:50センチ
近畿地方:40センチ
北陸を中心にさらに積雪が増えそうです。引き続き、大雪による交通障害に警戒が必要です。雪のやんだ所も厳しい冷え込みとなるため、路面の凍結に注意が必要です。


この記事の画像

「28日の明け方まで大雪に警戒 そのあと寒気撤退も 年越し寒波がまた襲来か」の画像1 「28日の明け方まで大雪に警戒 そのあと寒気撤退も 年越し寒波がまた襲来か」の画像2 「28日の明け方まで大雪に警戒 そのあと寒気撤退も 年越し寒波がまた襲来か」の画像3