年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く
拡大する(全3枚)

年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と...の画像はこちら >>

日本付近はあす以降、冬型の気圧配置となる見込みです。強い寒気が日本付近に南下しやすい状態が続き、年明け後も日本海側を中心に大に警戒が必要です。

冬型の気圧配置になりやすい

年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く

日本付近はあす30日、次第に冬型の気圧配置となる見込みです。
夜になると、本州付近の上空1500メートル付近には、平地でも雪に変わる目安であるマイナス6度以下の強い寒気が流れ込みます。
また、週間天気図を見ると、年明け以降もしばらく、等圧線が縦縞模様の状態が続きます。この先1週間は、寒気が流れ込みやすい予想です。
移動の多い年始にかけてだけでなく、正月休みの明けた後も、日本海側を中心に大雪に警戒が必要です。

日本海側は大雪に警戒

年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く

山陰や北陸から北を中心とした日本海側の地域では、あす以降、雪の降る日が多い見込みです。
特に、30日から1月1日元日にかけては、上空約1500メートルでマイナス12度以下の非常に強い寒気が、北陸付近まで南下してきます。
石川県輪島市の上空約1500メートルの平年の気温と比べると8度ほど低く、山沿いだけでなく、平地でも大雪となるおそれがあります。
風も強まりふぶく所もあるため、車の運転などは細心の注意が必要です。
31日大晦日から1日元日にかけての気温を見てみると、札幌や秋田では日中も0度に届かない真冬日の予想です。
朝晩はさらに厳しい冷え込みとなります。年越しや初詣などは、例年以上に防寒を行ったほうがよさそうです。

太平洋側も一部で雪

太平洋側の地域は晴れる日が多いものの、31日大晦日を中心に、日本海側から雪雲が流れ込む所がありそうです。
近畿は南部でも積雪となる所があるほか、四国でも山地を中心に大雪となる可能性があります。そのほかの地域でも雪の降ることがあるため、年末年始の移動の際は、最新の気象情報を確認してください。
また、気温は、強い寒気の影響でこの時期としては低い日が多い見込みです。朝は東京や大阪でも氷点下の日があり、積雪のない所でも路面の状況には十分な注意が必要です。

この記事の画像

「年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く」の画像1 「年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く」の画像2 「年明け後も冬型の気圧配置 Uターンも大雪警戒 年越しは一段と寒く」の画像3