6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?

6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?
拡大する(全5枚)

6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?の画像はこちら >>

あさって6日(木)から7日(金)は、いわゆる「南岸低気圧」が関東に接近。東京都心でもの降る可能性があります。その「南岸低気圧」と関東の雪について、関係性を探ってみましょう。

6日から7日は、東京都心でも雪の可能性あり

6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?

あさって6日(木)から7日(金)は本州の太平洋側も、雪や雨の降る所があるでしょう。
いわゆる「南岸低気圧」の影響を受けるためで、東京都心でも雪の降る可能性があります。
東京都心で雪が降るには上空の気温が重要です。
6日(木)の正午ごろは、地上に近い上空約750m付近の気温が0度以下の予想で、雪が融けずにそのまま降ってくる可能性が高くなっています。

南岸低気圧は、なぜ関東に雪をもたらすのか

6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?

南岸低気圧が、すなわち「太平洋側に雪を降らせる低気圧」ということではなく、あくまで「本州の南を、陸地に沿うように進む低気圧」のことです。
しかしながら、冬に南岸低気圧が関東に近づいた場合、低気圧に向かって冷たい空気が引き込まれてしまうため、関東の雨が、雪に変わることがあります。
南岸低気圧は、必ずそうなるとは言い切れないものの、めったに雪の降らない関東に大雪をもたらす可能性があります。
実は「関東は、雨か雪か」を見極めるために、南岸低気圧の予想進路を目安のひとつにしている気象予報士は多くいます。
そんな、南岸低気圧の予想進路で注目すべきポイントは、伊豆諸島の「八丈島」にあります。

関東の雪 ポイントは南の島にある


この記事の画像

「6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?」の画像1 「6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?」の画像2 「6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?」の画像3 「6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?」の画像4
「6日から7日に関東で雪の可能性 カギとなる南岸低気圧とは?」の画像5
編集部おすすめ

あわせて読みたい

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天気」に関する記事

「天気」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天気」の記事

次に読みたい「天気」の記事をもっと見る

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク