日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表

日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表
拡大する(全6枚)

日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表の画像はこちら >>

1月20日、日本気象協会は「2022年春の花粉飛散予測 第3報」を発表しました。花粉シーズンは2月上旬に九州や四国、中国、東海、関東の一部からスタートする見込みで、1月のうちから花粉対策が必要となりそうです。飛散量は東海や北陸、関東甲信、北海道で前シーズンより多いでしょう。

スギ花粉の飛散開始時期

スギ花粉の飛散開始※は、九州から東北まで例年並みとなるでしょう。2月上旬に九州や四国、中国、東海、関東の一部から花粉シーズンがスタートする見込みです。
2月にかけて気温は全国的に平年並みか低いでしょう。冬らしい寒さにより休眠打破が順調に行われて、スギ花粉の飛散開始は各地で例年並みとなる見通しです。
スギ花粉は、飛散開始と認められる前からわずかな量が飛び始めます。2月上旬に飛散開始が予測される地域では、1月のうちから早めに花粉対策を始めるとよいでしょう。
※飛散開始日とは、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を2日連続して観測した場合の最初の日のことです。

各地のピーク予測

日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表

日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表

スギ花粉飛散のピークは、福岡や高松で2月下旬から3月上旬、広島や大阪、名古屋では3月上旬から中旬の予想です。金沢や東京、仙台は3月上旬から下旬となるでしょう。ピークの時期は例年並みとなる所が多い見込みです。
スギ花粉のピークが終わる頃になると、ヒノキ花粉が飛び始め、その後ピークが始まります。福岡や高松では3月下旬から4月上旬、広島では4月上旬の見込みです。大阪や名古屋、東京では4月上旬から中旬にヒノキ花粉の飛散のピークとなり、時期はほぼ例年並みでしょう。金沢と仙台は、4月を中心にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散量は他の地点と比べると少ないため、はっきりとしたピークはない見込みです。


この記事の画像

「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像1 「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像2 「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像3 「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像4
「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像5 「日本気象協会 2022年春の花粉飛散予測 第3報発表」の画像6
編集部おすすめ

当時の記事を読む

tenki.jpの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク