関東甲信 帰宅時間帯は積雪増加か 東京23区も大雪注意 早め...の画像はこちら >>

関東甲信では広く雪や雨が降り、内陸部では積雪となっている所があります。夕方以降は積雪のエリアが広がるでしょう。

東京23区にも大雪注意報が発表されています。遅い時間ほど状況が悪化する可能性があり、早めの帰宅を心がけてください。

内陸を中心に積雪

きょう10日は東海道沖を低気圧が東へ進んでいます。関東甲信に雪雲や雨雲が広くかかっています。
関東甲信の内陸部ではすでに積雪となっています。午前10時現在、埼玉県秩父市で7センチ、熊谷市で1センチの積雪となっています。

関東南部では降り始めは雨の降った所が多くなりましたが、次第に気温が下がり、雪に変わっている所が多くなっています。東京都心では午前9時にみぞれを観測。午前10時16分、東京23区に大雪注意報が発表されました。

遅い時間ほど 状況悪化か

夕方以降は冷たい空気の流れ込みが強まり、雪のエリアがさらに広がるでしょう。内陸部では大雪となり、積雪がさらに増えそうです。東京23区でも夕方以降は積雪となる所があり、路面状況の悪化に注意が必要です。

千葉県茨城県など沿岸部は雨の降る所が多いですが、夜は雪のまじることがあるでしょう。積雪とはならなくても路面が凍結する所がありますので、注意が必要です。
車は冬の装備で、ノーマルタイヤの場合は予定の変更や公共交通機関を使うことを検討してください。すでに「計画的・予防的通行止め」となっている道路がありますが、帰宅時間帯はさらに影響が広がる可能性があります。遅い時間になればなるほど、積雪が増え、電車の遅れなどが発生する可能性もありますので、早めの帰宅を心がけてください。
あす11日の明け方にかけて雪や雨が降るでしょう。
朝には雪や雨はやみますが、積雪が残り、影響が長引く恐れがあります。

雪道での歩き方

関東甲信 帰宅時間帯は積雪増加か 東京23区も大雪注意 早めの帰宅を

雪が積もった後は、いつも通る道路でも、普段とは状態が違います。歩き方には次のような注意が必要です。
①寒いからといって、手をポケットに入れたり、歩きスマホをしたりするのは、大変危険です。手が使えないと、急な動きに対応できず、万が一、転んだ時に、大けがにつながりますので、絶対にやめましょう。
②荷物は、なるべく手に持たないようにしましょう。

バッグは、リュックサックなど背負うタイプの物がおすすめです。手が自由に使えるようにすると、いざという時に、けがが防げます。
③もし転んでしまっても、体を強く打たないよう、洋服も工夫しましょう。厚手の服装だと、寒さを防ぐだけでなく、クッションの代わりにもなります。
④洋服の素材は、濡れにくく、撥水性のある素材のものを着用しましょう。洋服が濡れてしまうと、体が冷えやすくなってしまいます。

⑤歩くときには、なるべく狭い歩幅で、足をまっすぐ下に踏み込みましょう。そろそろとペンギンのように歩くと、転びにくくなりますので、覚えておいてください。