3連休の天気と注意点 初日は全国的に晴れ 最終日は再び南岸低...の画像はこちら >>

3連休初日のきょう(11日)建国記念の日は、関東甲信の天気も回復。全国的に晴れる所が多いでしょう。

ただ、晴天は長続きせず、12日(土)は北日本の日本海側で天気が崩れ、13日(日)は再び南岸低気圧の影響で西から天気下り坂、関東甲信などで雪の予想。注意点をまとめました。

建国記念の日 路面の凍結に注意

3連休の天気と注意点 初日は全国的に晴れ 最終日は再び南岸低気圧 関東は雪予想も

3連休初日、11日建国記念の日は、関東甲信などに雪をもたらした低気圧は東の海上に離れ、日本付近は緩やかに高気圧に覆われる見込みです。関東甲信の天気も回復、日中は全国的に晴れる所が多いでしょう。ただ、11日5時現在の積雪は、山梨県富士河口湖町では34センチ、甲府市6センチ、長野県軽井沢町26センチ、埼玉県秩父市8センチ、千葉市4センチ、東京都心2センチとなっています。朝は東京都心でも0℃台まで冷え込み、路面がカチカチに凍結している所があります。

積雪や路面の凍結による転倒や車のスリップなどに注意が必要です。
日中は各地できのう(10日)より気温が高く、関東から西では10℃を超え、寒さが和らぐ所が多いでしょう。

12日(土) 北日本は積雪増加に注意

3連休の天気と注意点 初日は全国的に晴れ 最終日は再び南岸低気圧 関東は雪予想も

3連休中日の12日(土)は、前線を伴った低気圧が北日本を通過する予想です。北日本(北海道・東北)では、日本海側を中心に午後は次第に雪となり、雷を伴い強く降る所もあるでしょう。この冬は、札幌で8シーズンぶりに積雪が1メートルを超えるなど記録的な積雪となっていますが、更なる積雪増加に注意が必要です。
関東~九州は晴れる所が多いでしょう。

鹿児島など九州南部はゆっくり天気は下り坂、夜は雨の降り出す所がありそうです。

13日(日) 再び南岸低気圧

3連休の天気と注意点 初日は全国的に晴れ 最終日は再び南岸低気圧 関東は雪予想も

3連休最終日、13日(日)は、再び西から南岸低気圧が進んでくる見込みです。西日本は朝から雨で、内陸や山沿いでは雪の所もあるでしょう。関東など東日本も午後は次第に雨や雪で、連休明け14日(月)にかけて、今回(10日)よりも降水量が多くなる恐れがあります。関東で雪が降る目安の寒気(上空1500メートルでマイナス3℃以下)が南下する予想のため、今後も最新の気象情報を確認して下さい。
また、3連休最終日から、再びぐっと気温が下がり、来週は東京都心でも最高気温が一桁の日が続く予想です。

立春が過ぎ、暦の上では春ですが、2月下旬にかけて平年を下回る寒さの日が多くなりそうです。まだまだ、ダウンコートなど冬物が活躍、体調管理にご注意下さい。