23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」リスク高い
拡大する(全3枚)

23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」...の画像はこちら >>

23日にかけても、北海道から中国地方の日本海側を中心に、雪やふぶき、吹きだまりによる交通への影響が続くでしょう。北陸などでは24日にかけても、影響が続きそうです。

雪やふぶきによる交通への影響 まだ続く

23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」リスク高い

22日は、日本付近は冬型の気圧配置になっており、上空5500メートル付近には、マイナス30℃以下の強い寒気が流れ込んでいます。北海道から中国地方の日本海側を中心に雪が降っています。石川県金沢市では、午前7時までの3時間降雪量は21センチで、統計開始の1998年以降、2月の1位タイ(2018年2月5日の21センチと並ぶ)になりました。広く西または北よりの風が吹き、北海道網走市で最大瞬間風速27.2メートル、秋田市で23.4メートルを観測するなど、北海道や東北を中心に風が強まっています。

23日天皇誕生日にかけて、冬型の気圧配置が続くでしょう。北海道から中国地方の日本海側を中心に、雪が続く見込みです。風も強めに吹くでしょう。ふぶきや吹きだまりによる交通への影響は、まだ続きますので注意が必要です。特に、北陸では雪の降り方が強まり、短い時間で積雪が急速に増える恐れがあります。平地でも再び大雪になる可能性があります。
24日は、大陸から西日本付近に高気圧が張り出す見込みです。北日本付近では、寒気の流れ込みが続き、等圧線が狭い状態が続くでしょう。北海道や東北の日本海側、北陸を中心に雪が降り、西よりの風が強めに吹く見込みです。雪のやむ地域でも、積雪の残る所ではチェーン規制などが続きますので、冬用タイヤで、運転はいつも以上に慎重になさってください。
道路ごとの詳細な情報は道路の気象影響予測も参考になさってください。
※なお、高速道路影響予測は天気予報に基づく予測です。実際の規制状況は道路管理者等の発表を確認なさってください。


この記事の画像

「23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」リスク高い」の画像1 「23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」リスク高い」の画像2 「23日も雪やふぶき 北陸など24日にかけても「道路影響予測」リスク高い」の画像3