10日 台風一過長続きせず 午後は雷雨も

10日 台風一過長続きせず 午後は雷雨も

台風13号は、東北の東へ離れていきますが、関東や東北の太平洋側は台風一過は長続きしない見込みです。10日午後は全国的に雷雨の所があるでしょう。また、日本の南を進む台風14号はあす11日に沖縄へ接近し、お盆休み中には本州へ接近する可能性があります。

台風情報

台風13号は東北の東へ離れていきます。一方、台風14号は、日本の南の海上をゆっくりと北上しており、あす11日午前中には大東島地方、11日夜には沖縄・奄美に接近する見込みです。台風の接近に伴い、大東島地方では10日から、沖縄本島地方と奄美地方では11日には、強い風が吹き、海はしけるでしょう。なお、台風14号はお盆休み中に本州へ接近する可能性もあるので、今後の動向にご注意下さい。

きょうの天気 屋外のレジャー雷雨に注意

北日本や日本海側には湿った空気が流れ込みそうです。また太平洋側では、日中の気温が上がるため、大気の状態が不安定になるでしょう。このために台風一過は長続きせず、午後は山沿いを中心に所々で雷雨がありそうです。屋外のレジャーは急な雷雨にご注意下さい。
天気】那覇は晴れるでしょう。ただ台風14号の影響で、次第に風が強まって、波が高くなるでしょう。九州から東海にかけての太平洋側は晴れるでしょう。ただ山沿いを中心にカミナリ雲が発生して夕立がありそうです。関東と東北の太平洋側は、午前中は晴れるでしょう。午後になると所々でにわか雨がありそうです。山陰、北陸、東北の日本海側と北海道は雲が多く、雨が降る所があるでしょう。

きょうの気温 西日本~東日本は猛暑 熱中症に注意

最高気温は平年並みか平年より高いでしょう。那覇は32度、鹿児島と福岡は33度とこの時期の気温になりそうです。広島は35度、大阪は34度、名古屋は35度と厳しい暑さになるでしょう。東京は33度ときのうと同じくらい、仙台は32度ときのうより7度高いでしょう。仙台はきのうとの気温差が大きくなりますので、熱中症には十分お気をつけください。新潟と秋田は31度ときのうより低くなるでしょう。札幌は26度とこの時期の気温になりそうです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

tenki.jpの記事をもっと見る 2018年8月10日の社会記事
「10日 台風一過長続きせず 午後は雷雨も」の みんなの反応 1
  • 山田 通報

    関東地方、天気図が2つの台風と北の高気圧と南の高気圧の真中でどう転ぶのかよくわからん!まあ高い山は確実に昼頃から天気が崩れるな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「天気」のニュース

次に読みたい関連記事「天気」のニュースをもっと見る

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。